東北最大の第二地方銀行「きらやか銀行」

きらやか銀行の企業支援

きらやか銀行は「地域の皆様と共に活きる」をスローガンに、平成24年には仙台銀行と「じもとホールディングス」を設立し、両行のノウハウを結集・共用して県境を越えて地域経済活動に貢献するとしています。そしてその実際の活動の柱は「本業支援」と「最適提案」です。特に山形に根拠地を置くきらやか銀行は、なによりも東日本大震災で被害を受けた中小企業支援のために、「本業支援」の様々な取組みをしています。

じもとグループの基本方針「震災復興に向けた取り組みの強化」を受けて、きらやか銀行でも中小企業の経営支援に対する体制の整備を行いました。「営業統括部」では営業の戦略や企画を立案し、営業店経営の総合支援を役割としています。「営業推進部」では中小企業向けの融資の推進や、新規開拓などを受け持っています。「本業支援推進部」は本業支援の進捗管理や情報の提供、連携の調整などを役割として、事業コーディネーターや専門のコンサルタントなどを配置しています。仙台銀行に設置された「地元企業応援部」とも情報連携して、本業支援の取組みの強化を図っています。

きらやか銀行の本業支援とは、お客様の悩みやニーズを聞き出し、共に考え、課題の解決をしていくことを本質としています。2012年の東北銀行ときらやか銀行への各100億円の公的資金の注入を受け、「きらやか復興応援ファンド」を創設し、被災地域に営業基盤がある金融機関として、積極的に地元企業の金融支援を行っています。また、きらやか銀行と独立行政法人中小機構東北本部[http://www.smrj.go.jp/tohoku/]との連携による「事業継承セミナー」を開き、高齢化が進んでいる中小企業経営者の悩みにタイムリーで適切なアドバイスを行っています。さらに仙台銀行と連携して新規販売先や資材調達先のビジネスマッチングを行ったり、復興イベントの共同開催を行ったりしています。

こうしたきらやか銀行の地域に密着した様々な取り組みは「広く先進的な取組み」や「実践されることが望ましい取組み」であると評価され、平成25年、東北財務局[http://tohoku.mof.go.jp/]から顕彰されました。

Photo:ミントBlueTemplate:Starlit